理学療法士 新人セラピストの悩み

身体の専門家である理学療法士のブログ!健康に悩んでいる方、新人理学療法士、学生にも読んで頂ける内容。臨床に活かせる知識を記載します

新人が知りたい足関節の基礎  〜足関節シリーズ〜

こんにちは!理学療法士の嶋倉です。

本日からは足関節シリーズに突入しようと考えております。

足関節が臨床上で多く注目されている理由はご存知でしょうか?

様々な理由が存在しますが、大きな要因の1つとしては人間の体の中で唯一動作時に接地している関節になるからです。

 

もちろん動作においては他関節も関係する要因としては大切ですが、足関節は唯一接地している関節であるため、そこから現象が生じてくるということは容易に想像ができます。

しかし、足関節の機能に関して理解できてない学生や新人理学療法士は多く存在していると思います。

足関節の機能は内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチ、ウィンドラスの巻き上げ機構、トラス構造、、、、etc多くの機能があります。

さらにそこから波及される運動連鎖も考えていく必要があります。

 

学校でもあくまで基礎的なものしか学ばずに臨床に生かせていない方が多いと考えられます。

 

それでは今回から始めていきましょう。

〜足関節シリーズ第1弾〜

 

 足部の3つの機能とは?

足部は歩行時に床面と唯一接する場所です。

負担が非常に大きく生じる関節となっている。

 

足部の機能は基本的に3つあります。

①支持機構

②推進機構

③衝撃吸収機構

これらの機能を独特の関節機構にて担っている。

 

ちなみに、、、全身は206個の骨にて作られてり、その内足部の骨の数は56個(全身の1/4)となっている。

足部の骨は7つの足根骨、5つの中足骨、14つの指骨、数個の種子骨と過剰骨からなる。

これらの骨に関しても後々説明はしていきます。

 

 

内返し、外返しの3平面運動は?

内返し、外返しの表現は足部独特の表現ですよね。

まずは3平面それぞれについて理解しましょう。

3平面とは矢状面運動、水平面運動、前額面運動があります。

矢状面運動:背屈、底屈 水平面運動:外転、内転 前額面運動:回内、回外

またもう一つ臨床上のみ後足部に限り、前額面運動として使用しているのが内反、外反がある。

 

3平面運動とはこれらの3つの平面運動が組み合わさった運動になります。

内返し、外返しという運動となります。

内返し:底屈、内転、内反 外返し:背屈、外転、外反 

 

内返しや外返しという単語を使う方は多いと思いますが、この運動がどのような運動なのかしっかり理解していく必要があります。

 

横足根関節を構成する骨とは?

f:id:daigo328:20170625005701g:plain

 

距骨、踵骨、立方骨、舟状骨の4つになります。

舟状骨は内側縦アーチ、立方骨は外側縦アーチに大きく関与してくるため、位置関係等は上記図にて確認しておきましょう。

 

 

足関節背屈に伴う腓骨の動きは?

足関節背屈可動域は多くの理学療法士が重要性を理解しているポイントだと言えます。

しかしその際に踵骨を把持し引き出すことや、距骨の滑り具合を注意しているセラピストは多く見受けられますが、腓骨の動きを注意している方は少ないと感じられます。

 

足関節背屈という動きは距腿関節の動きであるため、当然腓骨の動きに関しても注意していく必要があります。

 

足関節背屈時に生じている腓骨の動きは挙上・内旋・開排という動きとなる。

腓骨が内旋という動きではなく、外旋と捉えている方も多いが実際は脛腓靭帯の緊張により内旋方向に誘導されていると考えます。

 

足関節背屈ROMexをする際は足部のみに着目するのではなく、腓骨の動きを出すことで大きな変化を得られることも多いです。

 

また腓骨骨折において足関節ROMexを禁止する理由も上記が関係しています。

こういった解剖、運動学の知識を備えることでリスク管理の理解にもつながります。

 

 

距骨下関節を構成する骨とは?

 

f:id:daigo328:20170625011738j:plain

 

距骨下関節は距骨と踵骨によって構成されています。

臨床上ではSTjtと呼ばれることが多いですね。

距骨には筋の付着がない状態となっている。

理由としては距腿関節、距骨下関節、横足根関節これら3つの関節の中心に存在する骨であるため、自由度が必要なことから筋の付着が存在しないと推察できます。

しかし、自由度が高いといことは損傷すると非常に厄介な骨でもあります。

 

距骨に関しては語ることが多いため次回に回します。笑

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回も足部に関して記載します!

 

何か希望があればコメントください。

 

 

 

筋力維持に必要な歩行距離は? 〜自立の基準値を知ろう⑤〜

 こんにちは!理学療法士の嶋倉です!

前回は歩行速度に関して記事を書かせて頂きました。

歩行速度がどれだけあればADLを自立させる事が出来るのかご理解得られましたでしょうか?

ただ単に歩ければ良いわけではありません。歩く速度にも着目してみて下さい。

 

では今回の記事では前回に予告した通り、筋力維持に必要な歩行量に関して書かせて頂きます。

普段のリハビリの際も聞かれる事が多い質問ではないでしょうか?

退院した後はどのくらい歩けばいいですか?歩きすぎはダメですか?

こんな質問をされたことはないですか?

そんな時、あなたはどう答えを出しますか?1日1万歩?8000歩?適当に答えてしまっていませんか?そんなあなたへ今日はエビデンスのある歩行距離をお伝えします。

 

 

 

①身体機能と歩行量の関連

 

 

・歩数と大体中央部の筋断面積、大腿四頭筋ハムストリングスのピークトルク

対象者:男性中高年者(18名)

結果:歩数4000~8000歩の群と8000歩以上の群とでは大腿四頭筋ピークトルクと筋横断面積はそれぞれ優位な差はなし。しかし歩数が4000歩未満の群では優位に低下が見受けられた。

 

 

・自立した在宅生活を送っている者と老健施設入所の部分介助者の1日の歩数と6分間歩行距離について

対象者: 60~95歳の高齢女性で在宅生活もしくは施設入所している者(51名)

結果:生活自立群と介助群との判別は6分間歩行は363m1日の歩数は4542歩との結果となった。判別率は各々97.99%、92.5%だった。

 

上記2つのような研究結果が得られている。これらの2つをまとめて考えていくと、まず1日の歩行距離としては4000歩未満では筋力低下が生じるリスクが高くなる

8000歩以上では4000歩と筋力維持に差は生じない、ただ単に長距離を歩けば良いということではない。

そして実際に自立している群と介助群とで比較した際にも4000歩とは1つの指標となっている事がわかる。さらに言えば、介助群では基本的に1日の歩数は少なくなっている傾向がわかる。介助が要する事から歩行する機会が減っている事が考えられる。

介助が必要な方こそ、歩行する機会を増やし歩行距離を伸ばしていく必要がある。

 

 

また1つの資料として、健康日本21によると70際以上の高齢者の歩数目標は男性が5436歩、女性が4704歩と言われている。

 

 

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

このように1日の歩数量の研究はいくつか挙げられています。最低でもどのくらい歩くと筋力維持に効果的なのか、逆にどの程度の歩行量だと歩いても筋力低下が生じていしまうのか。こういった研究を元に患者様に説明することも大切だと思います。

 

歩行練習をするにあたっても同様のことが言えます。歩いたから筋力はとりあえず維持とか患者様に伝えてはいけません。患者様は私たちが思っている以上に医療従事者を信用しています。確実に結果のある知識を教えてあげて下さい。

 

次回はMMTを数値化に関して記事を紹介します。

 

 

 

 

歩く速度はどの程度速ければ良いのか  ~自立の基準値を知ろう③~

こんにちは!理学療法士の嶋倉です。

本日は前回の記事の延長にあたるかもしれません。

歩行が可能となり、杖がいらなくなり、フリーハンドで歩けた!

よし、家に帰れるぞ!と思いがちなセラピストが多くないですか?

いやいや屋外歩行練習もしました、横断歩道も渡りました。

はい、それだけが退院後の生活に必要な速度ではないですよね。

 

公共機関を利用することもあると思います、思いがけず急がなければ

いけないような場面も出てくるかもしれません。

 

今回はそういった日常生活における必要な歩行速度や

疾患をもった方の日常生活を自立している場合の歩行速度等を

研究結果の基準値をもとに紹介していきます。

 

 

①青信号点灯時間と歩行速度の関連

 

・無作為に抽出した横断歩道における必要な歩行速度(50か所)

方法:横断歩道距離と青信号点灯時間を調査、必要な10m歩行時間を算出

結果:9.6秒~64.6秒(0.15m/s~1.04m/s)、平均21.1秒

 

上記の結果からいえることは、横断歩道の歩行速度に関しては

地域や場所により大きく異なることが予想されます。

病院や施設周囲にて横断報道の横断練習を実施して可能だからといって

必ずしも自宅周囲の信号を渡ることが出来るかと問われると難しいものです。

 

しかしだからといって、家まで帰り実施するのは難しく、

さらにいえば外出すれば様々な時間の信号に巡り合います。

そこでさらに1つ追加で興味深い知見があります。

 

 

・某地域における歩行速度を一定した際の信号の渡れる割合(130か所)

方法:ある一定の歩行速度を用いて、青信号点灯時間、横断歩道距離にて渡り切れる割合を算出

結果:歩行速度1.0m/sと設定した場合は点灯、点滅時間内に渡ることのできる横断歩道は98%、点灯時間内に渡ることが出来る横断歩道は全体の91%。

 

このような研究結果も存在している。横断歩道の時間自体は多くは地域によって

差異は大きいが、1.0m/s以上の歩行速度を有していると9割近い信号は渡りきることが

できるという判断が出来ます。1つの基準として考慮しても良いものだと考えられます。

 

 

 ②疾患別実用的歩行速度

 

・脳血管障害による片麻痺者(退院時100m歩行獲得した者94名)

方法:退院時に杖、装具用いて100m歩行速度を計測

結果:独歩が可能な者は100m歩行速度が4分以内に限られた。さらに1km以上の連続歩行が可能な者は概ね100m歩行時間が4分以内(0.42m/sec)

 

との報告があります。急性期病院などではなかなか長距離歩行訓練は困難な場合が多いですよね。長距離歩行が可能であり、独歩を目指すのであればまずはこの歩行速度を基準にしても良いかもしれません。または0.42m/secあれば長距離歩行も今後としては可能になる可能性が高いという予後予測にも利用可能かもしれません。

 

 

・基本的ADL自立している65歳以上高齢者の歩行速度の予測(736名)

方法:初回評価より6年間追跡調査を行い、歩行,食事,トイレ,入浴,更衣,のADL項目の障害発生度の予測について検討

結果:前期高齢者(75歳未満)最大歩行速度が男性は1.82m/sec、女性は1.71m/sec以上、通常歩行速度は男性は1.26m/sec、女性は0.91m/secであれば将来的に自立した生活が送ることが可能となる。後期高齢者(75歳以上)では最大歩行速度が男女ともに1.35m/secであり、通常歩行速度は男性が1.05m/sec、女性は0.88m/secとの報告があります。

 

 

退院する患者さんの生活が将来的にどう変化が生じてくるかの一つに指標として利用可能かと思います。

 

 

 

今回は歩行速度と自立との関連性に関して記事を書かせて頂きました。普段訓練の際でも歩行自立の基準として6分間歩行や10m歩行を測定する機会は多々あると思います。その歩行速度は屋内歩行自立等の基準にしか利用されないことが多いですよね。

ぜひ今回の記事を参考にして、違った視点からも歩行速度に関して評価をしてみてはいかがでしょうか。

 

次回は身体機能を維持するために必要な活動量についての基準を記載します。

 

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

速く歩くために必要な筋力は?  ~自立の基準を知ろう②~

こんにちは!理学療法士の嶋倉です。前回の記事に引き続き自立の基準2記事目です。

前回は自立基準という所で話をさせていただきました。しかし実際に歩行可能と

なったからといってすぐに自宅退院というわけにはいきません。

退院すれば不整地等をあるくバランス能力歩行速度も必要となってきます。

 

今回はその中でも歩行速度に関して記載しています!

 

ピークトルク等の数値を利用していますので基準値参考は前回記事をご参照ください

 

日常生活においてどの程度の歩行速度が必要か知っていますか?

→歩行速度約1.0m/sec以上と記載されることが多いです。

これは10m歩行速度における屋外歩行自立基準でもある11.6secから来ています。

 

今回はこの1.0m/secという観点に着目していきたいと思います。

歩行速度における1.0m/sec以上の例ではどの程度筋力に差を有しているのか着目します。対象は①運動器疾患のない高齢者②慢性期片麻痺者の2例となっています。

 

①運動器疾患のない65歳以上高齢者(208名)

・等尺性伸展筋力体重比:0.35kgf/kg(1.03N・m/kg)が基準値となっている

 

上記筋力を有している高齢者では1.0m/sec以上の歩行速度が可能といえます。

この研究では偽陽性度17.9%、感度72.2%、正診率76.6%、陽性的中率86.7%と非常に判別するのに優位な評価尺度となっている。

 

②慢性期脳血管障害片麻痺者(50名) ※非麻痺側下肢を計測

 

BRSⅤ,Ⅵの場合

・等速性膝伸展ピークトルク体重比(30°/sec):0.72N・m/kg(0.24kgf/kg)

BRSⅢ,Ⅳの場合

・等速性膝伸展ピークトルク体重比(30°/sec):1.00N・m/kg(0.34kgf/kg)

 

という結果となっている。

 

 

今回は筋力と歩行速度に関して記載させていただきました。あまり歩行速度のために

筋力体重比を測定するような機会は少ないかもしれませんが、もし計測するような機会があれ、このような知識を頭の片隅にでも入れておくと、根拠立てて動作につなげていくことができますね。

 

次回は歩行速度続きで行きます。日常生活において必要な実用的歩行速度の基準値を紹介します!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 

 

 

daigo328.hatenablog.com

 

筋力はどの程度あれば歩けるのか ~自立の基準値を知ろう①~

今回の記事では日常生活の自立に大きく影響を与えると考えられている、

筋力、関節可動域、バランス能力、全身持久力、歩行量、歩行スピードについての

基準値を紹介します。結局書いてみたら、筋力と歩行自立度の関係まででした!!

 

①筋力の基準値

・健常者の等尺性膝伸展筋力(kgf)の平均値を記載します。

20代男性:60.4±8.1 女性:37.1±8.9   30代男性:56.1±12.7 女性:33.4±6.8

40代男性:49.4±10.0  女性:33.3±5.7   50代男性:50.8±8.7   女性:30.2±5.6

60代男性:40.0±8.5 女性:26.2±5.6   70代男性:31.3±6.0   女性:23.2±6.1

80代男性:24.7±4.7 女性:18.8±3.2

 

・健常者の等尺性膝伸展筋力体重比(kgf/kg)

20代男性:0.96±0.13 女性:0.74±0.14   30代男性:0.84±0.14 女性:0.65±0.12

40代男性:0.78±0.12 女性:0.63±0.12   50代男性:0.76±0.16 女性:0.59±0.12

60代男性:0.64±0.12 女性:0.50±0.10   70代男性:0.56±0.09  女性:0.46±0.10

80代男性:0.49±0.06 女性:0.39±0.05

 

・健常者の等尺性膝トルク体重比(N・m/kg)

20代男性:2.82±0.38 女性:2.18±0.41   30代男性:2.47±0.41 女性:1.91±0.35

40代男性:2.29±0.35 女性:1.85±0.35   50代男性:2.23±0.47 女性:1.73±0.35

60代男性:1.88±0.35 女性:1.47±0.29   70代男性:1.65±0.26 女性:1.35±0.29

80代男性:1.15±0.18 女性:1.15±0.15

 

 

 

上記のような値を確認していただくとわかるように、若い20代のような方と

病院に入院されている平均的な年齢の方々と比較すると、概ね半分くらいの

ということがわかると思います。

MMT5なければいけないことはありません。あくまでMMTは指標です。

こういった数値的観点で見れば、明らかです。

膝関節伸展筋力と歩行等の動作に関しては多くの相関が得られている文献が存在します。

そういったものを参考にしていただくとさらにイメージがとらえやすいと思います。

文献との関係性に関しては後述します。

 

そういはいっても高齢の方が若年者と比較してこれだけ筋力に差が出ていて問題はないのか?

疑問が出てくると思います。この後に記載する下肢筋力と動作の関係で述べていきます。

 

 

②下肢筋力と歩行自立度

上記で述べたような下肢筋力平均値を用いて脳血管、整形疾患のない高齢

脳血管障害による片麻痺者、大腿骨頚部骨折者、脳血管、整形疾患のない高齢

各々の下肢筋力と歩行自立度の関連を記載します。

 

・脳血管、整形疾患のない高齢者(65歳以上、173名)

等尺性伸展筋力体重比:0.40kgf/kg(1.18N・m/kg)を上回る全例で院内独歩可能。

逆に0.25kgf/kg(0.74N・m/kg)を下回る全例で不可能。

このことから院内独歩における必要な筋力下限は0.25kgf/kg(0.74N・m/kg)だといえます。

さらに言えば0.40kgf/kg(1.18N・m/kg)上回っていれば、高確率で可能となると予測を立てられます。

 

 

・慢性期脳血管片麻痺者(275名)

非麻痺側等尺性膝伸展筋力:0.55kgf/kg(1.62N・m/kg)を上回る全例では歩行動作は自立。

0.30kgf/kg(0.88N・m/kg)では全例で歩行は自立しなかったとの報告です。

 

違った研究ではBRS別での屋外自立群、屋内自立群の非麻痺側膝伸展ピークトルク体重比の最低値に関して記述されています。

BRS V,Ⅵ:0.72N・m/kg(0.24kgf/kg)

BRS Ⅲ,Ⅳ:1.00N・m/kg(0.34kgf/kg)

 

こうして比較するとわかりますが、疾患を有さない方と比べても片麻痺者では非麻痺側筋力がより必要となることが確認できます。

脳血管の訓練ではどうしても麻痺側に関して注目されがちですが、非麻痺側下肢筋力にも注目は必要です。

急性期においてはリスク管理の観点からbed上対応になってしまう方もいらっしゃると思いますが、

最低限非麻痺側下肢に関しても廃用予防等に注意していただく必要があります。

今までなんとなくで実施していた廃用予防等をこういった数値を含めて重要であることを再確認していただけるといいですね。

 

 

・転倒による大腿骨頚部骨折者(63名)

こちらは院内杖歩行自立にて研究されています。

健側膝伸展ピークトルク体重比:下限値0.78N・m/kg(0.27kgf/kg)

緩速膝伸展ピークトルク体重比:下限値0.56N・m/kg(0.19kgf/kg)

下限値での結果となるので必ずと言い難い結果ですが、判断するための参考数値として

良いものかなと考えています。

 

 

今回の記事では健常者の平均的な筋力数値と脳血管、整形疾患を有する方との比較してみました。

このように数値で見てみると様々な気づきがありますね。

超急性期病院等では臨床中の測定は困難かもしれませんが、実習中の学生さんや

HHD等を用いることができれば臨床中であっても短時間で測定可能かもしれません。

 

次回記事は下肢筋力関連を続きます。下肢筋力と歩行速度に関して記載いたします!

 

 

日常生活自立ってなに?それって本当に自立なの?

こんにちは!理学療法士の嶋倉です!

今回のテーマは自立です!!

 

 

セラピストであれば誰しも、訓練を実施しその後この患者様はもう歩行は安定しているから自立だなー

 

 

もう階段はふらつかないし大丈夫だな。ADL自立かなと。判断する場面があると思います。

 

 

”しかし”その判断の根拠はきちんとありますか?なんとなくで安定している、なんとなく大丈夫だなんて判断をしていないでしょうか?

そのなんとなくの判断が患者様の今後を左右するかもしれません。

 

 

一度リハビリを施行させて頂いたからにはその方の人生に一部に自分との関わりがあったことになります!!

  

 

自分の体験談としても以下のような事があります。自分が働いている病院は超急性期であることから自宅に退院という患者様がいらっしゃる中で転院といった判断になる方もいらっしゃいます。転院先でリハビリを受けて退院した後に

転倒等をして、また当院に戻ってくるなんて方を担当することが度々あります。。。。

 

 

患者様に話を聞くと、まだ歩くのが怖かった階段が不安だった。

リハビリとは状況が違った、、、etc。の声があります。

 

 

さらにリハビリの先生にもう大丈夫と言われたから平気かと思ったとの発言もあります。

 

 

あなたが曖昧な判断をした結果、退院後に転倒してしまい出戻りなんて患者様を見受けませんか?

 

 

退院したその後は知らないじゃ済まされません!

 

 

もちろん、研究等で示されているようなものは数値でありその患者様個人に対して確実に効果が発揮されるような物ばかりではないと思いますが、あくまで一つの指標として使用するには良いものだと思っています。

 

 

療法士の目による判断および研究等による平均値を組み合わせて判断をしていく必要があると思います。

 

 

次回記事ではそういった生活場面における文献の結果を踏まえたものを書かせて頂こうと思います!!

 

こんな自分がブログ開設に至った経緯は?

こんにちは!

理学療法士の嶋倉です❗️

 

 

今回の記事は前回記事でも予告したように

こんな自分がブログ開設に至った経緯

書ければと思っています❗️

 

まず自分は文献を読む事や書籍を学ぶことは

比較的好きですが、説明する事やまとめるといった事が

どちらかというと苦手でした😭😭

 

学生時代のテスト勉強も一度もノートにまとめる

作業はしたことなかったですし、国試も同じでした。

ぜーんぶ覚えてしまい理解すればノートなんて

いらずにどうにかなってしまうと思い、

効率はきっとめちゃくちゃ悪かったですが

全力で覚えて理解して全てインプットしてました。

 

まあ前置きは置いといてそんな自分が

ブログを始めるきっかけとなったのは

あるグループ?というかsalonに参加したのが

大きな分岐点でした❗️

salonの発起人は吉田直さんです。

ブログやセミナーをしている方なので

知っている方も多いと思います🤗

そんな吉田先生が始めたsalonの参加メンバーに

選んで頂き、参加メンバーの積極性行動力

刺激を受けて自分も少しでも出来ることをと思い

今回ブログを始めました‼️

 

自分が成長するための1つのコンテンツであり

またこのブログを見て頂いた療法士の方に

少しでも今悩んでいることの解決のきっかけに

また健康に悩んでいる一般の方の助けに

なれば良いと思っています👍👍

 

今後は自分が悩み学んだ事のアウトプット

一般の方が悩んでいるような健康管理

わかりやすく解決出来るように頑張ります😎❗️